アイコン ホットニュース Hot news

交通安全びわ湖キャラバン隊の出発

「春の全国交通安全運動」オープニング式を開催

「春の全国交通安全運動」(令和3年4月6日~15日)がスタートする4月6日(火)、オープニング式典が滋賀県庁正面玄関前広場で執り行われました。

まず、交通事故の犠牲者に対して1分間の黙祷を捧げた後、江島 宏冶滋賀県副知事が開会の挨拶を行い、「安全安心滋賀の実現を目指し、期間中は子どもや高齢者など歩行者の安全、自転車の安全、安全意識の向上、横断歩道での歩行者優先の推進に力を入れたい」と述べました。

また、滝澤 依子滋賀県警察本部長は、「創意工夫を凝らした啓発活動を行って安全意識の向上を図るため、みなさんと一致協力してしっかり活動していきたい」と挨拶を行いました。

続いて、ドライバーを代表して滋賀県トラック協会の清水 千春さんと、滋賀県バス協会の東 雅幸さんが、江島副知事に対して「交通安全宣言」を行い、交通安全思想の普及、交通ルールの厳守とマナーの向上に努めること、ゆとりと思いやりの気持ちで子どもと高齢者を守ること、家庭・職場・地域からの飲酒運転の根絶、すべての席でのシートベルト・チャイルドシートの着用、エコ交通の推進などを、「県民総ぐるみの運動」として推進することを誓いました。

そして、県民に交通安全を呼びかける「交通安全びわ湖キャラバン隊」が、白バイを先頭に、出席者の拍手に送られながらゆっくりと出発していきました。