アイコン ホットニュース Hot news

交通安全を呼びかけ、交通安全びわ湖キャラバン隊が琵琶湖を一周!

4月6日(木)春の全国交通安全運動がスタートし、滋賀県交通対策協議会主催の元、滋賀県トラック協会は滋賀県や滋賀県警察本部などと「交通安全びわ湖キャラバン隊」を結成しました。トラック4台の出動を含め、広報車、滋賀県警察本部のパトカーや白バイ、滋賀県バス協会のバスと共に道路をパレードして滋賀県民に交通事故防止を訴えました。

 

オープニング式は大津港前の広場で開催され、滋賀県交通対策協議会推進機関の団体や大津交通安全協会員、ひかり保育園の園児、ゆるキャラなどを含め、関係者約150人が集まりました。

 

 

また、ひかり保育園の園児はジュニアポリスの服装で楽器演奏を行い、オープニング式に花を添えました。

 

 

渡辺国佳滋賀県警察本部長が「滋賀県の交通事故件数は減少傾向にあるが、地域差もあり、高齢者が絡む痛ましい交通事故が起きている。
横断歩道を歩いている人が跳ねられるなど、悪質違反を集中的に取り締まり、機運を盛り上げて交通安全の輪を滋賀県全体に広げて行きたい」と挨拶されました。

 

滋賀県警察本部の音楽隊を経て、ひかり保育園の園児による演奏と共に交通安全を呼びかけるメッセージを読み上げました。最後にバス協会とトラック協会の運転手代表から力強い交通安全宣言を誓い、白バイを先頭にキャラバン隊が次々と出発しました。