アイコン ホットニュース Hot news

交通安全への願いを込めて琵琶湖一周キャラバン隊が出発

4月6日(水)、滋賀県トラック協会や滋賀県バス協会、関係団体など約100名が参加して、大津市のなぎさ公園で春の全国交通安全運動オープニング式が開催されました。

 

 

主催者である滋賀県交通安全協議会の三日月大造滋賀県知事や、渡邊国佳滋賀県警本部長、越直美大津市長の挨拶に続いて、ひかり保育園の園児たちがジュニアポリスの制服姿で登場、交通安全への願いを込めて『虹の向こうに』を演奏しました。
そして、「ドライバーのみなさん、いつも思いやり運転で、スピードを出し過ぎず、 シートベルトを必ずしてください」とメッセージを送りました。

 

続いて、江若交通株式会社の山本久視さんと清水運送株式会社の清水千春さんがドライバーを代表して、「事故のない安全・安心なまちづくり」「安全思想の普及」「ゆとりと思いやりのある運転で子どもや高齢者を事故から守る」「飲酒運転の根絶」を誓う安全宣言を読み上げました。

 

昨年に引き続き、安全への願いを繋いで琵琶湖を一周する 「交通安全びわ湖キャラバン隊」の出発式が行われ、県警の白バイ隊を先頭に、事故ゼロを訴える横断幕をつけたトラックやバスが続々と出発していきました。