アイコン ホットニュース Hot news

春の全国交通安全運動 琵琶湖一周キャラバン隊が事故ゼロを訴える

春の全国交通安全運動の初日に当たる5月11日(月)、大津港前広場においてオープニング式典が開催されました。

 

 

主催者である滋賀県交通安全協議会の三日月大造滋賀県知事が、「事故ゼロを目標に、特に思いやりが必要な子どもやお年寄りを交通事故から守るため、一緒に取り組んでいきたい」と挨拶を行い、続いて笠間伸一滋賀県警本部長と越 直美大津市長が、「みんなで力を合わせて事故防止に取り組んでほしい」と挨拶しました。

 

そして、ジュニアポリスの制服姿で登場したひかり保育園の園児のみなさんが、「ハイホー」の演奏やおうみ交通安全ソング「ありがとう滋賀の道」を披露し、「いつも思いやり運転で、スピードをだし過ぎず、シートベルトをしてください」とドライバーへのメッセージを送りました。

 

式典の最後に交通安全びわ湖キャラバン隊の出発式が行われ、トラックとバスのドライバーを代表して、株式会社カロカ急配の美濃部児乃美さんと江若交通株式会社の平山寿文さんが、三日月知事に向かって交通安全宣言を読み上げました。

 

そして、田中亨会長から「会員事業者が交通安全を祈願して製作した千羽鶴をバトンとして、安全運転を県内中に呼びかけながら、琵琶湖のまわりをつないでほしい」と、千羽鶴が手渡され、参加者が見守る中、県警の白バイ隊を先頭に、事故ゼロを訴える横断幕をつけたトラックやバスが続々と出発。県内5カ所の引継ぎ場所を経由し、午後5時30分、最終地点である滋賀県トラック総合会館に湖西支部の車両が無事到着し終了致しました。