アイコン 会員の皆様へ For members

「標準的な運賃」の届出について

令和2年4月24日に国土交通省より告示された標準的な運賃は、令和6年度から時間外労働(年間960時間)の上限規制が適用されること等を踏まえ、運転者の労働条件を改善し、トラック運送業が今後も引き続き安定的な輸送サービスを提供していくために設けられたものです。

会員各位におかれましては本趣旨をご理解いただき、下記に記載する要領で「運賃及び料金の設定(変更)届」をご提出いただいた上で、運賃交渉にご活用賜りますようお願い申し上げます。

標準的な運賃の概要(全ト協ホームページ) https://www.jta.or.jp/rodotaisaku/hatarakikata/kaisei_jigyoho_202008.html

距離制運賃表(近畿管内) https://www.jta.or.jp/rodotaisaku/hatarakikata/202008/kinki.pdf

時間制運賃表 https://www.jta.or.jp/rodotaisaku/hatarakikata/202008/jikan.pdf

標準的な運賃を届出するために必要な様式

本様式の使用及びお問合せは滋賀県トラック協会の会員に限ります

下記のタイトルをクリックしてください。ドキュメントをダウンロード出来ます。

1.標準運賃届様式(表紙)   標準運賃届様式(表紙)記載例

2.燃料サーチャージ様式    燃料サーチャージ様式(記載例)

3.運賃料金適用方様式     運賃料金適用方様式(記載例)

※3.運賃料金適用方は記載例を参考に自社に適した内容で作成してください。なお、最終7ページ目最下部「積込料及び取卸料」を記載する必要がありますのでご注意ください。

※燃料サーチャージの設定は任意となります。

※令和2年運賃(今回の標準運賃)を適用する場合、距離制や時間制の運賃表は添付不要です。

※提出部数は4部です。(自社控え含む)

※近畿運輸局管内以外に一般貨物の営業所等をお持ちの場合は、上記部数に運賃を適用する地域を管轄する運輸局の数を加えて提出してください。

例:滋賀県本社で東京都にも一般貨物の営業所を有し、新たな運賃及び料金の額を適用する地域で「近畿」と「関東」を✔した場合、4部+1部(関東運輸局分)の5部提出となります。

※届出書の作成及び届出方法についてご不明な点がございましたら、滋賀県トラック協会適正化事業課までお問合せ下さい。

TEL:077-516-8411