私たち滋賀県トラック青年協議会は、物流業界の次代を担う経営者として現状を冷静に分析し、自らが自発的に研鑽を積み、会員相互の連携を深めながら「明るい希望のある業界作り」を目指しています。


目的

本会は運輸業界の次代を担う経営者としての人格識見の高揚を図り、会員相互の連携と啓発に努めるとともに、会員企業並びに当該業界の発展に寄与するを目的とする。


内容

本会はその目的達成のために次の事業を行う。
  1. 会員の指導力啓発の知識並びに共用の習得を図るための事業。
  2. 運輸事業の経営の近代化及び当面する諸問題に関する施策の研究と実践。
  3. 会員相互の親睦及び組織強化のための活動。
  4. 一般社団法人滋賀県トラック協会(以下滋ト協という。)が開催する事業への協力。
  5. 県外友好団体及び同趣旨の異業種団体との交流。
  6. その他関連する活動。


概要

設立年月日 昭和63年6月26日
会 員 数 55名(平成27年6月20日現在)
会   長 吉川康徳
   組 織 図
青年協議会組織図


事業計画

 会長所信

会  長  吉 川 康 徳

 現在の日本経済は、第二次安倍政権が打ち出した「三本の矢」という三つの柱からなる経済再生構想により、緩やかながら景気回復の兆しが見え始め、首都圏の大企業を中心に業績が回復基調にある一方、地方の中小企業では更なる格差拡大や円安による原油価格高騰など、経営者を取り巻く環境は先行きが不透明であります。
 我々が携わる物流業界では、荷主の動向など外的要因に左右され構造的に受身となる一方、設備投資や同業者間連携、従業員教育による組織強化、労働環境の改善など、懸命な経営努力によって自らの道を切り開き、未来を見いだす企業になることは必達となるでしょう。
 私は決してこの業界は社会的地位が低いとは思いません。とても誇り高き、社会に貢献できる『志事』であり業界であると確信しております。しかし現状では自己満足でしかなく、私たちが業界一丸となって運送業は誇りある仕事だという事を訴え、社会から評価され、認められる事が必要だと考えます。
 本年度も今まで以上に滋賀県トラック協会、滋賀県トラック女子部会や他府県、異業種の青年部組織とも連携し、英知と勇気と情熱を結集し、責任感と使命感を持って行動に移す組織作りを進めていきたいと考えております。

■■■  基本方針  ■■■

1.有意義な事業展開による積極的な交流の推進
1.社会貢献活動を通じた自己修練と資質の向上
1.新たな会員拡大のための活動
1.問題解決のための創造的かつ多面的な発想とリーダーシップの習得
1.内外に向けた青年協議会活動を受発信する為の情報ネットワークの構築
1.滋賀県トラック協会との連携


 各委員会活動方針及び事業計画

 ■資質向上委員会

委員長  坂 口 善 昭

【活動方針】
 現在、日本の経済状況は輸出環境の改善、デフレ脱却へ向けた政策や各企業において生産性向上、設備投資等の動きが活発となり、景気回復への一歩を踏み出そうとしております。しかし、我々運送業界では今の流れに十分な対応が出来ないのが現状で、ドライバーの高齢化、若年層の業界離れによる人材不足、法令順守による労務管理の徹底等、依然厳しい問題が山積みであります。
 そこで当委員会では、様々な環境下にあっても対応できる力をつけるため、会員同士の連携と会員拡大に力を入れ、資質の向上を目的とした勉強会及び交流会を重ね、真に実効ある委員会となるよう各種活動の推進に努めます。

【事業計画】
  1. 青年協会員の未来に繋がる勉強会及び交流会の開催
  2. 知性を磨く委員会内研修


 ■『絆』心つなげる委員会

委員長  萬 木 秀 哉

【活動方針】
 昨年から政府が経済再生に向け、また長年のデフレ対策がなされ一部のグローバル企業では業績が回復しているところも出てきております。しかし我々の物流業界においては原油価格の高止まり、若年労働力の不足、取り巻く環境の厳しさは依然続いております。また、輸送の安全への取り組みに対する世間の目も厳しくなっております。
 そのような環境下において、企業と企業、人と人とのつながりをもってこの状況を乗り越えていこうと当委員会では考えています。どんな時でも頼りになるのが真の仲間であり、絆を深めることで一生つきあえる仲間を作りたいと考えます。
 そこで当委員会では、会員同士の交流を通して、様々な情報交換、絆の深い仲間作りを目的に活動を行います。また、組織の活性化を図るために、減少傾向にある会員の拡大を目指します。

【事業計画】
  1. 委員会活動を通して、会員同士の交流と真の仲間作り
  2. メンバーの知見が広がる委員会内研修


 ■対外研修・広報活動委員会

委員長  中 村 丈 博

【活動方針】
 運輸業界を取り巻く環境は日々変化しております。経済政策・軽油価格の低下、荷物量の増加という好材料もあれば、深刻な労働者不足等の問題にも未だ対応策も見つからないといった悪材料もある状況の中、この業界で生きる若者として柔軟な発想と方向性を養うことが我々青年協議会会員に求められている事だと確信しております。
 本年度も当委員会では昨年に引き続き他府県の事業者との交流会を行うことにより情報交換を行います。また、多方面に青年協議会活動を発信する事により会員拡大、若年労働者の取り込み等、会員にとって実のある活動を行ってまいります。

【事業計画】
  1. 新たな発想の対外研修の開催
  2. 内外に向けた青年協議会活動の広報活動
  3. 仕事につながる委員会内研修


活動内容

きずな2010
きずな2010年度
活動報告書
きずな2011
きずな2011年度
活動報告書
きずな2012
きずな2012年度
活動報告書
きずな2010
きずな2013年度
活動報告書
きずな2010
きずな2014年度
活動報告書


資格について

 会員は満20歳から満48歳までの滋ト協会員の経営者または後継者及びこれに準ずる方で、役員会の承認を得た方とします。但し、年度途中で満48歳に達した場合は、次期役員改選年度の通常総会まで会員と見なします。


入会申し込みについて

入会申込書(PDF)をプリントアウトして必要事項をご記入の上、顔写真2枚(1枚は申込書に貼付)を添え、青年協議会事務局までご提出下さい。

〒524-0104 守山市木浜町2298-4
(一社)滋賀県トラック協会内 滋賀県トラック青年協議会 事務局
tel 077-585-8080 fax 077-585-8015

  • 入会申込書

アクロバットリーダー PDFファイルを開くには、「Adobe Acrobat Reader」が必要です。
お持ちでない方はこちらから無料でダウンロードできます。




PAGE
TOP